ゲーミングPCの選び方と中古の魅力【2024年最新版】

ゲーミングPCの選び方と中古の魅力【2024年最新版】

はじめに

こんにちは。今回は、ゲーミングPCについて詳しく説明します。

ゲーミングPCとは、その名の通り、ゲームを楽しむために特化したパソコンのことを指します。

しかし、その特化した部分がどこなのか、何が違うのか、そしてどう選べばいいのかを知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなゲーミングPCの魅力と選び方について、詳しく解説していきます。

 

この記事でわかること

普通のPCとゲーミングPCの違い ゲーミングPCのパーツ紹介 ゲーミングPCを選ぶポイント 中古ゲーミングPCのメリットとデメリット

執筆者情報

この記事は関西電力グループ PC next運営担当が執筆しています。

PC next
PC nextでは、高性能の再生パソコンを42,800円から販売しています。

LINE友達登録で
パソコン本体500円OFFクーポン
プレゼント中

友だち追加

新品のおよそ半額高性能パソコンをご購入いただけます!
15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いているので、是非ご検討ください!
サイトを見る

普通のPCとゲーミングPCの違い

最近、ゲーミングPCの中古市場が急速に拡大しています。

マーケットエンタープライズの市場分析によると、2018年の中古ゲーミングPCの数量・販売額は、2016年比で1000%を超える成長を遂げました。

これは、ゲーミングPCの魅力が広く認知され、多くの人々が手に入れようとしている証拠です。

ゲーミングPC

 

では、普通のPCとゲーミングPCは何が違うのでしょうか。

主な違いは以下の5点です。

1.CPU性能:  ゲーミングPCのCPUは、高速な処理能力が求められます。ゲームは複雑な計算を頻繁に行うため、CPUの性能が高いほどゲームがスムーズに動きます。  2.グラフィックボード(GPU):  ゲーミングPCには、高性能なグラフィックボードが搭載されています。これにより、美しいグラフィックとスムーズな動きを実現します。  3.メモリ容量:  ゲーミングPCは、大量のメモリを必要とします。これにより、ゲーム中に多くの情報を一時的に保存し、高速にアクセスすることが可能になります。  4.価格:  高性能なパーツを搭載するため、ゲーミングPCは普通のPCよりも価格が高くなります。  5.消費電力:  高性能なパーツは多くの電力を消費します。そのため、ゲーミングPCは普通のPCよりも電力を多く必要とします。

ゲーミングPCのほうが、高性能なパーツ(CPU・GPU・メモリ)を使っています。

その分通常のPCと比べて、価格や消費電力が大きくなっています。

 

ゲーミングPCのパーツ紹介

ゲーミングPCと普通のPCの違いは、主に「パーツ」の性能差によるものです。

ここではゲーミングPCに使われているパーツを紹介します。

①【CPU】

CPUはパソコンの「頭脳」で、パソコンの性能を決定する重要なパーツです。

有名なCPUメーカーにはIntelとAMDがあります。

ゲーミングPCを選ぶ際も、まずはCPUの性能を確認しましょう。

CPU



②【GPU】

GPUは「グラフィックボード」、「グラボ」とも呼ばれ、映像の処理を行う専門のパーツです。

 

ゲームや映像編集など、映像の動きが重要となる作業をする場合、CPUと同等に大切なパーツとなります。

GPUの性能は映像のなめらかさを大幅に左右します。


GPU

③【メモリ】

メモリは「RAM」とも呼ばれ、データの一時的な保管場所として機能します。

 

メモリは「作業をするための机の広さ」と例えられ、メモリの容量が大きいほど作業効率が増します。

メモリ容量が大きければ、複数のアプリを同時に開いても重くならずに作業することが可能です。


メモリ

④【ストレージ(SSD・HDD)】

ストレージはPC内で使うデータを保存しておくパーツです。

 

ゲームはPCにインストールしますが、その保存先がストレージになります。最近のゲームは、ゲームのサイズが大きくなってきており、より大きなストレージ容量を搭載しているPCだと安心です。

HDD

 

中古PCを選ぶポイント

それでは、ゲーミングPCを選ぶ際のポイントを詳しく見ていきましょう。


頭脳
まず、CPUについてです。

CPUはパソコンの「頭脳」で、パソコン全体の性能を決定する重要なパーツです。

ゲーミングPCを選ぶ際は、最低でも10世代のCore i5以上のものを選びましょう。

特にIntelのCPUを選ぶ場合、型番の4~5桁の数字の上1,2桁が世代を表します。この数字が大きいほど新しい世代のCPUとなります。

作業机
次に、メモリです。メモリは「RAM」とも呼ばれ、データの一時的な保管場所として機能します。メモリは「作業をするための机の広さ」と例えられ、メモリの容量が大きいほど作業効率が増します。

ゲーミングPCを選ぶ際は、16GB以上のメモリを搭載したものを選びましょう。

これにより、複数のアプリを同時に開いてもパソコンが重くならず、快適にゲームを楽しむことができます。

映像処理
そして、GPUです。GPUは「グラフィックボード」、「グラボ」とも呼ばれ、映像の処理を行う専門のパーツです。

ゲームでは美しいグラフィックスムーズな動きが求められますので、GTX1600シリーズ以上のGPUを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

ストレージ
また、ストレージについても考慮する必要があります。ストレージはPC内で使うデータを保存しておくパーツで、ゲームはこのストレージにインストールされます。

最近のゲームは、ゲームのサイズが大きくなってきており、480GB以上のストレージ容量を搭載したPCを選ぶと安心です。


これらのポイントを押さえて選べば、自分に合ったゲーミングPCを見つけることができるでしょう。ゲームをより楽しむために、ぜひ参考にしてください。

 

中古ゲーミングPCのメリットとデメリット

ゲーミングPCを選ぶ際、新品を購入するか、それとも中古を購入するかは大きな選択の一つです。

中古のゲーミングPCを選ぶ場合、いくつかのメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリット
まず、メリットから見ていきましょう。

中古のゲーミングPCは、新品に比べて価格が低く設定されていることが多いです。

そのため、予算が限られている場合や、初めてゲーミングPCを購入する場合には、中古品がおすすめです。

10万円以下でも、そこそこ良いスペックのPCを見つけることができます

また、中古品の中には、時々、非常に高性能なパーツが搭載されていて、価格が非常に安い「掘り出し物」が混ざっている場合があります

 

 

一方で、デメリットも存在します。

中古品のパーツ選定は、新品に比べて難易度が高いです。必要なスペックに合わせて、それぞれのパーツの相場や性能を吟味する必要があります。これには、パソコンの知識が必要となります。

また、中古品は新品に比べて保証期間が短いことが一般的です。新品のPCなら保証期間が1年、有料プランなら5年の製品が多いのに対し、中古品は1か月〜数か月程度しか保証期間がない製品が一般的です。

中古品はパーツが劣化している可能性があるため、保証期間が短いとリスクも大きいです。

これらのメリットとデメリットを考慮に入れて、自分のニーズに最も合った選択をすることが重要です。

 

中古パソコンなら関電グループのPC nextがおすすめ!

PC nextでは、お求めやすい価格の6万円台から新品のおよそ半額高性能のゲーミングPCをお買い求めいただけます。

「Apex」や「フォートナイト」などの人気ゲームが問題なくプレイできることを確認しています。

LINE友達登録で
パソコン本体500円OFFクーポン
プレゼント中

友だち追加

15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いているので、是非ご検討ください!
サイトを見る

関連記事

  • 【初心者向け】ノートパソコンの選び方や注意点を徹底解説!
    【初心者向け】ノートパソコンの選び方や注意点を徹底解説!

    はじめに こんにちは。今回はパソコン初心者の方に向けて、パソコンの選び方について解説していきます。 パソコンを購入する際、どれくらいの性能が必要なのか、どの価格帯のものを選ぶべきなのかなど、 考えなければならないことが多く悩んでいる方も多い

  • Google Keepって何?基本的な使い方から便利機能まで徹底解説!
    Google Keepって何?基本的な使い方から便利機能まで徹底解説!

    Google Keepを使ったことないけど、使いこなしたい!といった方は必見! この記事ではGoogle Keepが何かということから、メモの作成方法やリマインダーの設定方法などの基本的な使い方まで紹介しています。 具体的にどのような場面で