買ってはいけないノートパソコン!後悔した経験談から選び方のコツを紹介

買ってはいけないノートパソコン!後悔した経験談から選び方のコツを紹介

「パソコンを買って後悔したくない」という声に答えていきます。

この記事で分かること

・パソコンを買って後悔した声
・後悔しないために事前に確認すべきこと

執筆者情報

この記事はPC next運営担当が執筆しています。
PC nextでは、Core i3やCore i5のCPUで、SSD搭載済み、メモリ8GBの再生パソコンを29,800円から販売しています。15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いているので、是非ご検討ください!

 

 

 

はじめに

PC nextでは、過去に他社でパソコンを購入して後悔した経験のあるお客様の声を踏まえて、そのような後悔を二度とさせないような商品を届けしています。

今回はお客様からお聞きした「後悔した経験」とPC nextが提案する「後悔しないために事前に確認すべきこと」を説明していきます。

パソコンという高い買い物だからこそ買って後悔したくないですよね。「新しくパソコンを買おうかな」と思っている方にぴったりの内容なので是非最後までご覧下さい。

 

後悔の声

「高いパソコンを買ったが要らない機能ばかりだった」

家電量販店や大学生協で販売員に勧められるままに買った方は、このように後悔しやすいようです。

この場合、100,000円程度のパソコンを買ったということもあり、パソコン自体は高スペックで付属ソフトが充実していることが多いです。

しかし、「それらのソフトを一度も使わなかった」というのが現状のようです。

このように後悔している方からは、「自分に必要な機能は何かはっきりさせておくべきだった」「勢いで買わず、じっくりと比較すべきだった」という声をよく聞きます。

まさしくその通りで、自分の使用用途をはっきりさせていれば、要らないソフトが付いていない高スペックのパソコンをもっと安く買うことができたと思います。

 

「思っていたよりも動作が遅かった」

価格だけを重視してスペックの低いパソコンを買った方は、このように後悔しやすいようです。

この場合、30,000円程度のパソコンを買ったということもあり、一見安くお得にパソコンが手に入ったように思えます。

しかし、新品で30,000円程度のパソコンであれば「低価格な分、低スペックだった」というが現状のようです。勿論、使用用途によっては、低スペックのパソコンでも十分な場合がありますが、PC nextとしては極端に低いスペックのパソコンはおすすめしていません。

このように後悔している方からは、「スペックも重視すべきだった」「動作が遅いので結局使わなくなってしまった」という声をよく聞きます。後者の「買ったのに使わなくなってしまった」というのは非常に勿体ないと思います。

まさしくその通りで、「最低限使えれば何でもいいから」という理由でスペックを考慮せずにパソコンを購入すると、想定外の用途で使用した時、スムーズに動かないことがあるため、おすすめしません。

現在想定している用途が文書作成だけだったとしても、後から文書作成&インターネット閲覧等の複数の作業を同時に行いたいと思うようになるかも知れません。

価格だけに重点を置いた極端に低いスペックのパソコンは避け、少し価格は上がっても汎用的なスペックのパソコンを選ぶことをおすすめします。

 

「故障した時のサポートがイマイチだった」

保証内容を重視せずにパソコンを買った時、このように後悔しやすいです。

精密機器であるパソコンに故障は付き物です。自己解決可能な故障もありますが、多くの場合は修理に出す必要があります。

このように後悔している方からは、「保証内容をしっかりと確認しておくべきだった」「長期保証を付けるべきだった」という声をよく聞きます。

まさしくその通りで、スペック以外にも保証内容や保証期間を重視することで、よりお得にパソコンを買うことができると思います。保証内容や保証期間を重視せずにパソコンを買うと、修理代金や買い替え費用で高くつく、可能性もあるため注意して下さい。

 

後悔しないために事前に確認すべきこと

使用用途に合っているか

パソコンの使用用途は何でしょうか?たまにインターネット閲覧したいのか、毎日動画編集したいのかによって必要なパソコンは大きく変わります。

例えば、PC nextでは、エントリーモデル・ミドルレンジモデル・ハイエンドモデルという風に分けて提案しています。

加えて、DVDドライブやテンキーの有無も検討しておいた方が良いでしょう。

 

PC nextでは、使用用途に合わせておすすめのパソコンを提案する「パソコン診断」を無料で受けることができます。興味のある方はご活用ください。

汎用的なスペックか

使用用途が明確な方は先程紹介したように用途に合わせてパソコンを買うと問題ないのですが、使用用途が明確でない方は汎用的なスペックのパソコンを買うことをおすすめします。

PC nextでおすすめしている汎用的なスペックは下記の通りです。

 ・CPU(パソコンの中で、情報処理や命令を行う基幹) Core i3以上
・メモリ(1度に処理できるデータ量) 8GB以上
・ストレージ(データの保管場所) SSD

 

これだけでは分かりづらいため、これらは「頭脳」と「机の上」と「机の引き出し」に例えられることが多いです。

CPU

頭脳に例えられることが多く、賢ければ賢いほどより素早く問題を解ける状態に近いです。

メモリ

机の上に例えられることが多く、机の上が広ければ広いほど、テキストを並べて作業できる状態に近いです。

ストレージ

机の引き出しに例えられることが多く、引き出しが大きければ大きいほど、テキスト等を入れて置ける状態に近いです。

 

保証は手厚いか

1年程度の長期保証が付いているか確認しておきましょう。

もしもに備えて返品方法まで押さえておくと安心ですね。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

PC nextでは、Core i3やCore i5のCPUで、SSD搭載済み、メモリ8GBの再生パソコンを29,800円から販売しています。15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いているので、是非ご検討ください!

関連記事

  • 【Windows10】パソコンから音が出ないときの原因と対処法は?
    【Windows10】パソコンから音が出ないときの原因と対処法は?

    パソコンを使っていて、急に音がでなくなったことはありませんか?突然音が出なくなるとパソコンの故障ではないかと不安になりますよね。このようなトラブルの原因は大きく3つあります。今回はパソコンの音が出ないときに確認してほしいこと3つと対処方法を

  • パソコンでメールを使うには?おすすめフリーメール!【Gメール】
    パソコンでメールを使うには?おすすめフリーメール!【Gメール】

    パソコンを買ってメールをしたい!けどどのサービスを使えばいいのかわからない…という方は多いと思います。 そこでこの記事ではおススメフリーメールサービス、Gmailについて使い方まで紹介しています。 Gmailというサービスをなんとなく聞いた