Zoom会議で必要なパソコンのスペックは?CPUとは?メモリとは?

Zoom会議で必要なパソコンのスペックは?CPUとは?メモリとは?

この記事で分かること

・オンライン会議で必要なパソコンのスペック

・CPU、メモリ、 HDD/SSDとは何か

 

執筆者情報

この記事はPC next運営担当が執筆しています。
PC nextでは、Core i3Core i5CPUで、SSD搭載済み、メモリ8GBの再生パソコンを29,800円から販売しています。15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いているので、是非ご検討ください!

 

 

 

 

 

はじめに

近年、新型コロナウイルスで在宅ワークの機会が多くなってきています。やはり在宅ワークではビデオ会議ツールを使う機会が多くなり、そのためにパソコンを買い換える人も多くいるようですね。また、在宅ワークではなくても遠方の人と話をする際にパソコンのビデオ会議ツールを使う人も増えているようです。

しかし、ビデオ会議ツールはパソコンへの負担も大きく、ある程度のスペックがないと画面がカクカクするなどの不具合が起きてしまいます。そこで今回はどのようなスペックであればビデオ会議ツールを使用することができるのかについて紹介して行きたいと思います。

 

CPU

まずはCPUです。CPUとはパソコンの中で、情報処理や命令を行う基幹です。パソコン本体にどのような作業をすればいいのかを指示をして動かしている中枢部分と捉えていただければいいでしょう。そのような役割を担うCPUですが、パソコンの機種によってスペックが異なるCPUモデルが使用されています。intel社のCPUを例に説明させていただきます。

intelシリーズの代表的なスペックとして上記のものがあります。Coreシリーズは高性能CPUとして位置付けており、数字が上がるほど高性能になります。性能が高くなるほど、消費電力も高くなるのが一般的です。

ウェブ会議でもCPUのスペックは重要であり、intel製品ではCorei3シリーズ以上のCPUを搭載したパソコンを選ぶのが良いでしょう。

また「intel i5 8530U」のようにi5の後ろには世代別の番号が振り分けられています。基本的には一桁目(10代以降の世代では二桁目まで)が世代を示す数字となっています。基本的には新しくなるほどメーカーも良い製品を開発し高スペックとなっています。

PC nextのサイトでもこのようにCPUのスペックを表示しているのでご購入の際は是非ご確認ください。またPC nextでは全てCorei3以上のスペックのPCのみを販売しているのでどの製品を選んでいただいてもウェブ会議には問題ありません。
またパソコン本体にもこのようなシールが貼ってあるので製品到着後すぐにご確認いただけます。

 

メモリ

次にメモリです。メモリとはデータやプログラムを一時的に記憶する部品になります。例えば、様々なソフトを同時に立ち上げている場合や動画や音楽などの大きなデータを扱う際には比較的容量が大きいメモリを使用する必要があります。またウェブ会議ツールを使用する際にもメモリは使用するので、容量が比較的大きめのものを選ぶ必要があります。

またメモリと似たような部品としてHDDSSDなどの記憶媒体があります。このような記憶媒体もメモリと同じようにデータやプログラムを記憶する装置ではありますが行う作業が少し違います。具体的にはメモリは、「一時的に」記憶する部品でありシャットダウンするなど通電していない状態になるとデータは消えてしまいます。このような性質を揮発性と言います。

一方でHDDSSDなどの記憶媒体は不揮発性であり、シャットダウンしたとしてもデータなどは残り続けます。なので、ファイルや写真などずっとパソコンに保存しておきたいデータは不揮発性である記憶媒体に保存することになります。

一般にHDDなどの記憶媒体よりもメモリの方がデータの読み書きが高速であり、全てのデータをHDDなどに記憶するのではなく、高速で処理できるメモリに保存することでパソコンはうまく動作しています。

 

少し話が逸れましたが、ウェブ会議ツールで重要となってくるのはメモリです。

具体的なスペックとしては最低でも4GB以上、可能であれば8GB以上のメモリを搭載したパソコンが適切だと思います。特にZoomなどのウェブ会議ツールを開きながらパソコン上で議事録など別作業を同時に行う場合は8GB以上が適切でしょう。

PCnextで販売するパソコンは全てメモリが8GB以上となっており、不便なくお使いいただくことができます。

 

ウェブカメラ(内蔵・外付け)

また、ウェブ会議をする際に必要なものとしてウェブカメラが必要です。近年販売されているパソコンの多くは内蔵カメラ搭載のものも多いですが、ウェブ会議が主流になる数年前までのモデルはカメラを搭載していないモデルも多くあります。もし今後新しく購入する場合はカメラ付きの製品を選ぶのが良いでしょう。

一方で別売りの外付けのカメラを使用することで本来カメラ未搭載のモデルでもウェブ会議に使用が可能になります。

 

 

 PCnextのパソコンは内蔵カメラ付きの製品がほとんどで、必要なソフトをダウンロードいただければ、購入後ウェブ会議などに使用していただけます。また一部商品はウェブカメラがついておりませんが、別売で外付けカメラも販売しておりますのでこの機会にご購入ください。

ちなみに、パソコン本体にマイク機能がない場合もあるので、外付けカメラを購入する際はマイク内蔵型だとイヤホンなどをわざわざ使用する必要もないですし良いかもしれません。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

本日はウェブ会議に必要なパソコンのスペックについて説明しました。

PC nextでは、Core i3やCore i5のCPUで、SSD搭載済み、メモリ8GBの再生パソコンを29,800円から販売しています。15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いています。

是非ウェブ会議が増えてきたこのご機会にPC nextでのパソコンのご購入をご検討ください。