WPS Office2とは? Microsoft Officeとの違いをわかりやすく解説

WPS Office2とは? Microsoft Officeとの違いをわかりやすく解説

この記事でわかること

  • WPS Office2とは?
  • Microsoft Officeとの違いは?
  • WPS Office2はどんな人におすすめ?

 

執筆者情報

この記事はPC next運営担当が執筆しています。

PC nextでは、Core i3やCore i5のCPUで、SSD搭載済み、メモリ8GBの再生パソコンを39,800円から販売しています。15日間の返金制度、業界最長クラスの1年間の動作保証も付いているので、是非ご検討ください!

 



 

はじめに

Microsoft Officeを安価に使ってみたいと思ったことはありませんか?

純正のMicrosoft Officeはサブスクリプション版でも年12,984円ほど、買い切り版では38,284円です。

もっと手軽にOfficeソフトを使いたい!そんな時にはサードパーティ製のOfficeの導入を検討してみましょう。

今回は、格安のOffice互換ソフトである「WPS Office2」について紹介します。


 

WPS Office2とは?

WPS Office2とはKINGSOFT社が販売する格安のMicrosoft Office互換製品です。WPS Office2には4つのソフトが含まれています。

 

WPS Office 3つの特徴

抜群の互換性

WPS Office2は機能面、操作性、デザイン面すべてにおいてMicrosoft Officeに限りなく近づけられています。そのためMicrosoft Officeに慣れている方でも違和感なく使うことが可能です。

また、ファイルの保存形式は、.docx(Word)、.xlsx(Excel)、.pptx(PowerPoint) を選択することができます。したがって、Microsoft Officeで作成したファイルの閲覧及び編集が可能です。


軽快な動作

WPS Office2はMicrosoft Officeと比べて、本当に必要な機能しか搭載していません。したがってMicrosoft Officeよりも軽快な動作が可能となっています。作業中にストレスを感じることはなくなるでしょう。

 

マルチデバイス対応

さらにWPS Office2はマルチデバイスに対応しています。WPS Office2 for WIndowsのシリアルコードを持っていれば、加えてスマートフォン用のWPS Office2アプリも使うことができます。メインの作業はPCで行い、外出中の空き時間などにスマートフォンを利用して書類の編集を行うといった使い方が可能です。

 

Microsoft Officeとの違いはある??

インターフェイス

Microsoft officeと WPS Office2のインターフェイスにはほとんど違いがありません。操作感についてもMicrosoft Officeが驚くほど忠実に再現されているため違和感がありません。

それぞれのリボン部分(上部に表示される編集機能など)実際の表示を比較してみました。

Microsoft Wordの画面
WPS Writerの画面

 

 

Microsoft PowerPointの画面
WPS Presentationの画面

 

 

Microsoft Excelの画面
WPS Spreadsheetsの画面

 

 

また、ファイルの表示についてもMicrosoft Officeで作成したファイルを問題なく開くことができました。

 

フォント

Microsoft Officeでよく使われるフォント29種類は「基本フォント」としてすでにWPS Office2にインストールされています。

基本的なフォントが共通しているため、Microsoft Officeで作成したファイルをWPS Office2で開く際も、レイアウトが変わることはほとんどありません。また、外部のフリーサイトなどから新しく好みのフォントを追加することも可能です。

 

関数

WPS Office2でもMicrosoft Officeと同様に、家計簿をつけたり、グラフを使った健康管理などを行うことができます。また年賀状を書く際の住所管理にも使うことができます。

さらに、Microsoft Excelと同様に以下のような関数やフィルター機能も用いることができます。

SUM関数:数値の合計

AVERAGE関数:平均

MAX関数:最大値

MIN関数:最小値

COUNT関数:数値が含まれるデータの個数を数える

ROUND関数:数値の四捨五入

 

一部、VBAや高度なマクロ等は使用することができませんが、事務管理などの実用面では問題ありません。

 

WPS Office2はどんな人におすすめ?

WPS Office2はMicrosoft Officeとほとんど同じような感覚で使うことができます。

Writerを使えば、年賀状づくりや書類作成が簡単に!

Spreadsheetsを使えば、家計簿や健康管理もラクラク!

Presentationを使えば、おしゃれなポスターや発表資料まで作れます!

 学生の方やビジネスパーソンをはじめとするすべての方におすすめできます。ただし、高度なマクロを使われる方や、MOS等を受験される方はMicrosoft Officeを使うのがよいでしょう。

 

まとめ

WPS Office2は非常に使い勝手の良い製品です。PC nextが販売する再生PCには無料でWPS Office2がついています。15日の返金制度もあるので気になる方はぜひ利用してみてください!