【富士通とは】LIFEBOOKが有名なメーカーの特徴

富士通とは

富士通は、ICTサービス市場で国内1位・世界7位の売上高を誇っており、世界180ヶ国で事業を展開しています。

富士通のパソコン事業は、パソコンの日本・世界シェアが1位であるLenovoの傘下となっています。

現在、理化学研究所で使用されているスーパーコンピュータ「富嶽」は、富士通と理化学研究所が共同で開発・整備を進めてきたものです。こうした点から富士通の技術力の高さが伺えます。

 

富士通製品

富士通の製品は、主に下記の通りです。

・LIFEBOOK
・ARROWS Tab
・ESPRIMO

特にノートパソコンのLIFEBOOKは有名です。

 

製品の特徴

ここで説明する特徴は、機種によっては当てはまらない場合があります。その点だけご理解ください。

 

①安心と信頼の富士通品質

「富士通品質」を掲げ、企画から設計・開発、製造等様々な面でお客様に寄り添うことを大切にしているようです。

富士通品質については、こちらをご覧ください。

②打ち心地の良さ

他社製品に比べて、キーボードの打ち心地が良い傾向にあります。具体的に言うと、キーを押した時に上面が深く沈むため、ノートパソコンであってもデスクトップパソコンのようにしっかりと打ち込むことが出来ます。
打ち心地の良さに惹かれたファンもいると言われています。

 

まとめると、富士通の製品は、しっかりとした打ち心地のキーボードが人気と言えます。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

メーカーごとに様々な特徴があるため、是非見比べてみて下さい。
人気パソコンメーカーの違いは?各社の特徴を抑えてパソコンをお得に購入しよう

今回説明したLenovoの製品はこちらから確認することができます。
人気製品

ちなみに、PC nextは、Core i3やCore i5のCPUで、SSD搭載済み、メモリ8GBの再生パソコンを29,800円から販売しています。15日間の返金返品保証、1年間の保証も付いているので、安心して購入いただけると思われます。