【パソコンがフリーズ】電源が切れない・強制終了できない時の対処法

「パソコンがフリーズしたけどなんで?」「フリーズした時はどうしたらいいの?」等の疑問に答えていきます。

この記事を通じて、下記を理解することができます。
・パソコンがフリーズした時の原因
・パソコンがフリーズした時の対処法

・パソコンがフリーズしないようにする方法

急にフリーズして電源が切れなくなることもありますが、手順を踏むことで自己解決できる場合が多いので、是非最後までご覧ください。

 

パソコンがフリーズした時の原因

主な原因は、下記の通りです。

・メモリの容量不足

メモリは、CPUで処理するデータの一時保管等を行っています。

メモリの容量が不足すると、処理速度が低下し、フリーズに繋がる可能性があります。
特に4GBのメモリが搭載されているパソコンを使用している方は、メモリの容量不足に悩まされる傾向にあります。

・パソコンの熱暴走

熱暴走とは、パソコン内部に熱がこもることで発生する不具合です。具体的には、急に電源が切れる、フリーズする等の不具合が発生します。

パソコン使用時にパソコン内部のCPU等の部品は発熱します。しかし、過度な発熱や、パソコン内部に熱を排出できないことによって熱暴走が起こります。

・ウイルスに感染

悪質なウイルスをインストールしてしまった場合、パソコンが正常に作動しなくなり、フリーズに繋がる可能性があります。

・ハードディスクの容量不足や不具合

ハードディスクの容量が不足すると、データを読み込むだけでも、ハードディスクに負荷がかかります。処理速度が低下し、フリーズに繋がる可能性があります。

他には、寿命や破損等によってハードディスクに不具合が生じている場合、正常に作動することが出来ず、フリーズに繋がる可能性があります。

Windows updateの不具合

Windows updateが正常に行われていなかった場合、ソフトウェア等に何らかのトラブルが生じてフリーズに繋がる可能性があります。

・アプリケーションの不具合

アプリケーションが同時に作動することで、CPUに負荷がかかり、フリーズに繋がる場合があります。他には、アプリケーションに何らかの不具合が生じることで、フリーズに繋がる場合があります。

 

パソコンがフリーズした時の対処法

強制終了はパソコンに負担がかかるため、パソコンの電源が切れない場合以外はおすすめしません。作業していたデータの保存ができていないと、紛失する可能性が高いです。それらを理解した上で強制終了してください。

キーボードが操作できる&原因となるアプリケーションが分かる場合の手順

1.Ctrl」+「Alt」+「Del」を同時に押します。
2.「矢印キー」を使用して、「タスクマネージャー」を選択し、「Enter」を押します。
3.「矢印キー」を使用して、終了させたいアプリケーションを選択し、「Enter」を押します。
4.Alt」+「E」を同時に押して、タスクを終了させます。

これで特定のアプリケーションを終了させることが出来ます。

キーボードが操作できる&原因となるアプリケーションが分からない場合の手順

1.Ctrl」+「Alt」+「Del」を同時に押します。
2「矢印キー」を使用して、「サインアウト」を選択し、「Enter」を押します。

これで全てのアプリケーションを終了させることが出来ます。

この手順または1つ前の手順で解決する場合は、メモリの容量不足かアプリケーションの不具合が原因の可能性が高いです。フリーズを防ぐ方法も存在するので、本記事の後半部分のパソコンがフリーズしないようにする方法をご覧ください。

キーボードが操作できる&アプリケーション以外が原因の場合の手順

1.Ctrl」+「Alt」+「Del」を同時に押します。
2.Tabキー」と「矢印キー」を使用して、右下の「電源」を選択し、「Enter」を押します。
3.「再起動」を選択して「Enter」を押します。

・キーボードが操作できない場合の手順

1.パソコン本体の電源ボタンを4秒以上押します。
2.電源が切れたらその後10秒以上放置します。
3.パソコン本体の電源ボタンを押して起動させます。

上記の方法でも電源が切れない場合は、コンセントからケーブルを抜き、バッテリーを取り外して電源が切れるまで放置してください。

 

パソコンがフリーズしないようにする方法

・メモリの増設を行う

機種によりますが、増設は簡単に行うことができます。
しかし、パソコンが苦手な方は修理店に相談してください。

・パソコンに熱がこもらないようにする

具体的にはパソコンのホコリを取る、冷却グッズを使用する等の方法があります。

パソコン内部のホコリの取り方については、こちらの記事で詳しく解説しています。
自宅で簡単に!パソコンの清掃方法

パソコンが熱暴走する原因と解決方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。
パソコンが熱い時は冷やすべき?熱くなる原因と対策・対処法を解説

・怪しいメールやファイルを開かないようにする

ウイルスの感染を防ぐ上では、誰から届いたか分からないメール等を開かないことが重要です。

ウイルスに感染するのを防ぐセキュリティソフトも存在しています。しかし、強くおすすめしていません。なぜなら、WindowsにはWindows Defenderという優秀なセキュリティソフトが標準搭載されているからです。基本的な用途で使用する場合には、Windows Defenderだけで十分だと思います。

・ディスクのクリーンアップをする

ディスクのクリーンアップとは、不要なファイルを削除し、ハードディスクの空き容量を増やすことを指します。

手順は下記の通りです。
1.Windowsのアプリの「Windows管理ツール」を選択し、「ディスククリーンアップ」をクリックします。
2.削除するファイルにチェックを付けて「OK」をクリックします。

・Windows updateを手動で行う

基本的に自動で行われるWindows updateですが、稀に自動で行われていないことがあるため、手動で行う必要があります。

手順は下記の通りです。
1.「スタート」から「設定」を選択し、「更新とセキュリティ」を開きます。
2.Windows Update」が表示されます。「更新プログラムのチェック」をクリックして、プログラムの更新を始めます。
3.全ての更新が終わると「今すぐ再起動」が表示されるので、クリックして再起動を始めます。

プログラムをインストールし、最新の状態にしておくことは重要です。

詳しい手順については、画像付きで説明しているこちらの記事をご覧ください。
【パソコン購入後の初期設定で必須】Windows updateの方法

・使用していないアプリケーションを閉じる

複数のアプリケーションを作動させることで処理速度の低下に繋がる場合や、アプリケーションに何らかの不具合が生じる可能性があるため、使用していないアプリケーションは定期的に閉じるようにしましょう。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

フリーズはしていないが、極端に動作が遅い場合の解決方法をこちらで紹介しています。是非ご覧ください。
Windows10パソコンが重い時の原因と解消法

頻繁にフリーズするようでしたら修理店に相談してください。劣化等が理由で故障している可能性があるため、交換する必要があります。

PC nextでは、1年間の保証が付いた再生パソコンを29,800円から販売しています。8GBのメモリと新品SSDを搭載しており、サクサク動くのでおすすめです。是非こちらもご検討ください。
PC nextの人気商品