【拡張子とは】Windows10パソコンで表示する方法

「拡張子って何?」「拡張子を表示するメリットは?」「拡張子を表示する手順は?」等の疑問に答えていきます。

この記事を通じて、下記を理解できるようになります。

・拡張子について
・拡張子を表示するメリット
・拡張子を表示する手順

パソコンに慣れていない方にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、拡張子を表示することによって、パソコンをより快適に使用できるようになります。

是非最後までご覧ください。

 

拡張子とは

拡張子とは、「.○○○」のようにファイル名の後にドット(.)で続く部分です。
この部分は、拡張子の種類によって異なります。例えば、画像ファイルであれば「.jpg」等と表記されます。

代表的な拡張子は下記の通りです。

.jpg/.jpeg/.png/.gif 画像ファイル
.mp4 動画ファイル
.mp3 音楽ファイル
.exe 実行ファイル
.txt テキストファイル
.zip 圧縮ファイル
.docx Wordファイル
.xlsx Excelファイル
.pdf PDFファイル


デフォルト設定では拡張子が表示されないようになっていますが、拡張子を表示させると下記のように変化します。


変更前

変更後

拡張子を表示するメリットは、一目でファイルを識別できるようになる点です。
拡張子が表示されていれば、拡張子からどんなファイルかを判断できるので、フォルダ内で特定のファイルを探しやすくなります。

 

拡張子を表示する手順

拡張子を表示する手順は2通りあるので、それぞれ説明します。

  1. 「エクスプローラー」をクリックし、任意のフォルダを開きます。「表示」をクリックして開き、「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。

    拡張子を表示することができました。

    以上です。

  2. 「エクスプローラー」をクリックし、任意のフォルダを開きます。「表示」をクリックして開き、「オプション」をクリックします。

    「表示」をクリックして開き、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外してOK」をクリックします。

    拡張子を表示することができました。

    以上です。

     

    注意点

    拡張子を書き換えないように注意してください。
    拡張子を表示した状態で名前の変更を行うと、ファイル名だけでなく拡張子の書き換えも可能になります。しかし、拡張子を書き換えてしまうと正常にファイルが開けなくなる可能性が高いです。ファイルが破損したわけではないので、拡張子を元に戻すとまた開けるようになりますが、トラブルを起こさないためにも書き換えないことをおすすめします。

     

    まとめ

    最後までご覧いただきありがとうございます。

    パソコンの設定は既に完了していますか?下記の記事で最低限やるべき初期設定をまとめているので、是非ご覧ください。
    【簡単にできる】パソコン購入後に初期設定として最低限やるべきこと